油回転真空ポンプとは

油回転真空ポンプは、大気圧まで圧縮できる機械的ポンプの中で、最も経済性・操作性に優れたポンプであり、 幅広い用途に対応しているため、世界中でたくさん使用されています。



大阪真空の油回転真空ポンプ

  • 油回転真空ポンプは、構造の違いから、揺動ピストン形(キニータイプ)、回転翼形(ゲーデタイプ)、 カム形(センコタイプ)などに分類されます。
    大阪真空が採用している揺動ピストン形は、耐久性に優れ、 構造上、吸入空間を大きく取る事ができ、効率的排気が可能で、大型ポンプに最適な構造です。
  • ポンプの油は、ポンプを安全に運転するための重要なポイントです。
    大阪真空の油回転真空ポンプは、低真空領域での連続運転や、大気圧と真空を短時間で繰返す、 というような過酷な運転条件でも、適切な油供給を行う機構を付属することにより、長く安心してご使用いただけます。
  • 精密かつ堅牢な設計で、かつメンテナンスしやすい構造となっているので、適切なメンテナンスをして頂くことにより、 20年、30年といった長期間ご使用いただいている例もあります。

ラインアップ

P90 P180
P222 P450
P600 P901
K30002  
 
EcopositiVシリーズ(省エネ型)
EP450