エジェクタとは

エジェクタ エジェクタは、噴射蒸気他を駆動源とする、機械的駆動部の無い真空ポンプです。
構造が簡単で、故障もほとんどありません。操作も簡単で、大排気容量のものが製作できるため、 熔鋼脱ガス設備や重合設備を始め、いろいろな分野で利用されています。
エジェクタは単独で大気圧まで圧縮ができ、また直列につなぐ事によって、より高真空を得ることができます。 他の真空ポンプと組み合せて、真空システムとして使用することも可能です。



大阪真空のエジェクタ

大阪真空では、用途によりいろいろな駆動源のシステムを製作いたします。
代表的な例として、水蒸気を使用する「蒸気エジェクタ」があげられます。 その他にも、駆動源として「空気」「水」「有機蒸気(例:エチレングリコール)」などを利用する事ができます。 いろいろな材料による製作が可能で、耐食性材料を使用することもできます。(例:チタン、カーベイト)
大阪真空は、技術と実績をもとに、ユーザーのニーズに合わせたエジェクタシステムを提供します。


大阪真空のエジェクタには、駆動源と吸引するものによって以下のような種類があります。

駆動源 吸引物
エジェクタ 気体 気体
インジェクタ 気体※1 液体
マルチジェットコンデンサ
水エジェクタ
液体 気体※2
エダクタ 液体 液体

※1:吸引する液体と同種の蒸気に限る。
※2:マルチジェットコンデンサは凝縮性気体主体、水エジェクタは非凝縮性気体主体。


用途

  • 真空脱ガス設備
  • 脱臭装置
  • 蒸留装置
  • 合成繊維重合装置
  • 乾燥装置
  • 真空蒸発冷却器