仕事紹介
仕事紹介
 
営業部門

まず、お客様との最初の接点となる営業部ですが、仕事は大きく分けると3つの段階があります。
まずは、お客様からの引合いの段階です。
業界誌、広告、新聞の媒体や、他のお客様との商談などから情報を入手し、電話等でアポイントを取ります。 また、当社のホームページや雑誌広告を見て、具体的な製品問い合わせを頂く場合もあります。
お客様と会う際には設備を更新・購入する計画が無いかどうか、競合先の製品が使われていないかどうか、 お客様の業界はどのような様子かなど、様々な情報を入手します。

引合いが具体化すれば、次は見積りの段階になります。
お客様の設備に必要な条件【仕様と言います】(具体例:真空ポンプの排気速度、排気時間、吸引ガス、圧力・・・)をできるだけ詳しく確認します。 使用できるポンプの種類、周辺部品はお客様の使用状況によって全く異なりますので、場合によって技術部門に依頼し、 最適な真空環境を作り出すための仕様をまとめます。また、お客様の希望する納期どおりに製品が納められるかどうかも工場と調整します。 最後にその製品を作るのにかかる費用(原価)と競合先の価格を検討した上でお客様へ見積書を提出します。

最後に無事、受注獲得となった段階ではお客様から注文書を受け取り、工場へ製造の依頼を行います。 お客様と取り決めた納期がありますので、それが守られるかどうかフォローも行っていきます。 最終的に製品の納入を見届け、お客様から代金を頂くまでが営業部の仕事になります。
製品の納入後も、使用上のお問合せへの対応や保守部品の販売等、お客様との関係は続きます。

展示会では様々な趣向を凝らして新製品をアピールします。 この展示は2011年9月、東京ビッグサイトで開催された、真空業界全体の展示会「真空展」のものです。

他には、営業企画部の仕事があります。
営業活動に必要な重要なツールの作成を行っています。具体的には製品パンフレット、ホームページの製品に関する紹介の作成等があります。 営業活動における契約書の管理や与信の調査も営業をサポートする大切な仕事の一つです。
また、太陽電池や、半導体といった業界毎に年1回大きな展示会の出展企画を行っています。
展示会でのお客様の問合せが販売の鍵になることもありますので、営業担当者も展示会に足を運びお客様の業界の情報収集を行っています。

営業部門の社員紹介はこちら

ページトップへ戻る
 
技術部門~開発部
 
技術部門~開発部の様子です。

技術部門には大きく分けて開発と技術の2つの仕事があります。
1つ目は新しい製品を開発する開発部の仕事です。
開発の始めの段階は企画立案です。会議などで出た開発テーマはもちろん、開発担当者が考えたもの、 営業担当者がお客様との打合せでの要望等を元に考えたもの、これらが検討されて年間の開発計画が作られます。 開発企画の例としては、新製品の真空ポンプの開発や、新技術の開発、既存製品のカスタマイズなどがあります。 開発部では、部門のミッションを達成する為に数名のチームを作ってそのメンバーが開発企画の内容を具体化していきます。

具体的には機械設計、部品選定、試作・評価試験の様な業務があり、お客様が使う取扱説明書の作成や、 世界各国で販売する為に必要な安全認証の取得を行うこともあります。 また、開発後でも、営業担当者に同行して、当社のポンプを使用している装置メーカーや使用しているお客様へ訪問し、 新しいニーズを開拓する活動も行います。 

技術部門~開発部の社員紹介はこちら

ページトップへ戻る
 
技術部門~技術部
 
先輩社員が若手社員へ装置設計の注意すべき点を指導しています。

2つ目は開発された製品の技術的なサポートおよび、オーダーメイドの設計を行う技術部の仕事です。
お客様の用途によって複数の真空ポンプを組合せた真空システムや個別設計の真空装置を提案します。
技術部は営業部門がお客様と打合せした仕様に従って真空システム・真空装置の設計を行います。 また、技術部門が直接お客様と打合せを行う場合もあります。 お客様のご要望を実現するため、技術担当者はポンプの組合せをどうするか、他に必要な部品は無いか、素材を変える必要は無いかなどを検討し、 それを設計に反映させ、営業担当者へ提示します。
注文を受けた装置については詳細の図面を作成し、製造の依頼を行います。また、納入に必要な装置の取扱説明書・仕様書の作成も行います。

技術部門~技術部の社員紹介はこちら

ページトップへ戻る
 
生産部門

堺工場と名張工場の2つの工場があり、それぞれ作る製品が異なっています。
・堺工場~油回転真空ポンプ、 真空装置など
・名張工場~ターボ分子ポンプなど
ここでは一部の業務をご紹介します。

生産管理・計画

営業部からのお客様の受注内容に対して日程調整を行い、製造および出荷の計画を作成し、部材の調達や機械加工、組立の指示を行います。 また、製造方法の改善提案をしたり、生産工程をより効率的にすべく日々活動しています。

調達

製品を作る為に必要な購入品の手配や、外部の業者に行ってもらう部品加工の手配を行っています。 時には外部の業者の開拓や、仕様についての打合せをするために出張することもあります。 「品質の良いものを、適正な価格と納期で調達する」ことを目指しています。

品質保証

製品の品質を改善する為の提案や、お客様が製品を使用している際に発生した故障等の対応を行っています。 特にお客様の現場での故障は、ポンプだけでなくその周りの装置にも影響を与える可能性があるので、迅速に調査をして、 関係部署と連絡を取り合って解決策を提案します。

名張工場の様子です。
ページトップへ戻る
 
管理部門

総務部では企業活動に必要な経営資源の調達と管理に関わる様々な業務に携わっています。 皆さんとお会いする機会のある採用活動はもちろん、教育研修などの人事施策の企画運営、会社の対外的な手続き(株主事務など)、 労務管理(給与計算、社会保険事務)、情報システムの管理・運用等、項目を挙げればキリがありません。

経理部では会社の業績のバロメータである財務諸表の作成を含めた会計処理全般を行います。 営業、生産など他の部門の業務処理が会計上の観点から適切に行われているかチェックすることも重要な役割の一つです。

管理部門の社員紹介はこちら

ページトップへ戻る