社員紹介
社員紹介
 
技術部門~技術部
村尾 翔大(ムラオ ショウタ)
堺技術部 真空ポンプグループ
2009年入社 
工学部 機械システム工学科卒
大阪真空にはスキー・スノーボード部があり、車で滋賀や岐阜、長野などへ滑りに行きます。違う部門の人たちと交流するいい機会でもあります。
振り返って自分の成長を感じられる、
そんな仕事です。

まだまだ知識も技術も修得中。
設計の仕事に携わりたくて大阪真空に入社しました。1年目は技術部装置グループに配属され、図面制作はもちろん、部品の購入や加工の手配など、 社内業務を一通り身に付けました。現在の部署に異動してからは、主に真空システムの図面制作を担当しています。
それぞれが複数の案件を受け持ち、1つの案件ごとに4、5人のチームで取り組みます。チームでの私の役割は、上司が考えた機器構成を図面に起こすことなのですが、 お客様が求める仕様に合わせて機器(ポンプ、バルブ、配管など)を選定し、設計図を描いていくことが求められます。こまかな要望に応えるために、 お客様との打ち合わせに同行することも珍しくありません。
いま苦労しているのは設計の仕事における「引き出し」がまだまだ不足している点です。設計作業中に困ったときは、社内の膨大な資料から事例を探し出して確認しながら作業していきます。 どうしてもわからない場合は上司に相談するのですが、いつも上司の引き出しの多さには驚かされています。まだまだ経験が足りない私ですが、 それでも以前の自分と比べると少しは成長したことを実感しています。
設計したものが完成すると、技術者としてやはり嬉しいです。完成品は重さ数トンにもなる大きさですから、実際に目の当たりにすると達成感がありますよ。

各機器の動きや部品の役割を考えながら描く設計図。
図面制作は装置の各機器の動きや部品の役割まで考えなければ、思わぬミスに繋がります。実は一度、納品後の装置にトラブルが見つかりました。 配管の寸法を間違えたことが原因で、装置のある機能が働かないトラブルでした。設計の際、機器の仕組みや役割を理解していれば防げたミスです。 現地へ駆けつけ、配管を切断・溶接して、一日がかりで手直しをしました。いま考えても冷や汗ものですが、それからは肝に銘じて、 各機器の動きや部品の役割など頭に入れて図面を描いています。

ある1日の仕事の流れ

ある1日の仕事の流れ

今後の目標
入社するまで設計の仕事は図面作成のイメージしかありませんでしたが、お客様との打ち合わせや、製造前に装置の仕様を確認する納入図、 装置の取扱説明書の作成なども業務範囲。納入先には海外プラントもあるため、英文での書類作成も任されます。 技術者として成長し、お客様からの相談にも的確にアドバイスができるようになるのが目標です。