社員紹介
社員紹介
 
名張工場 品質保証部
坂本 幸司(サカモト コウジ)
名張工場 品質保証部
2005年度入社
工学部 機械工学科卒
大阪真空は社員一人ひとりの力を大切にしてくれる会社。新しいことに挑戦できる環境が整っているから、 チャレンジ精神旺盛でいろいろな経験を積みたいと考えている人にぴったりの職場です。
安定した品質をお客様に。
高い要求に応えられた時が一番の喜びです。

会社と製品の信頼を背負って。
製品の不具合、使い方に関する質問など、お客様からの問い合わせ対応や、安定した品質を確保するための製品の調査を行う、品質保証部に所属しています。
真空ポンプを購入されるお客様の多くは産業機械を扱うメーカー。私たちが提供したポンプに不具合が生じると、設備が止まってしまい大きな損害が出ます。 そのため、早期対応を求められることが多く、いかに迅速に的確な対応をとれるかが私たちにかかっています。 時には、その日のうちに代わりのものを用意してほしいと要求されることもありますが、臨機応変に対処し、しっかりとフォローできた時の喜びは大きなものです。
不具合が発生したお客様には、ポンプの現状を丁寧にヒアリング。これまでの経験やマニュアルを基に、想定される対応策を一つひとつ実行してもらいます。 それでも改善されない場合は、現地もしくは製品を返却いただいて、工場でポンプを調査。ポンプの分解や製造記録の確認を通して、異常や抜け落ちが無いかを検証します。 試運転と念入りな検査を経て、万全な状態でお客様へ納品。私たち品質保証部の対応が、会社全体の信頼につながる---。
その想いを胸に、日々努力を重ねています。

品質保証の目で新プロジェクトに参加。
振動を極端に小さくし運転時の騒音を抑える、磁気軸受形ターボ分子ポンプの改良プロジェクトに参加したことは大変貴重な経験でした。 これまで、新製品の開発に品質保証部が関わる機会は無かったのですが、より高い品質と大量生産、コスト削減を視野に入れた開発を行うため、初めて加わることに。 あまり接することが無かった最先端のポンプに触れ、制御に関する新しい知識を吸収することができ、大きく成長できたと実感しています。

ある1日の仕事の流れ

ある1日の仕事の流れ

今後の目標
真空の技術が私たちの生活の身近なところで使われていることはあまり知られていませんが、実際には自動車や、液晶テレビ、パソコンなど、 生活に密着したさまざまな製品の製造に役立っています。私たちの日常を支える一般産業から、最先端の技術を必要とするハイテク産業にまで貢献できる真空を、 もっと多くの人に知ってもらえるように、品質の高い製品づくりに励んでいきたいです。