事業紹介
事 業 紹 介
大阪真空は真空技術を
製品化する会社です

1643年にトリチェリーが真空を発見してから現在に至るまで、真空はあらゆる所で利用されてきました。
真空技術は、我々の生活に無くてはならない存在です。鉄鋼・食品・医薬品・繊維・ペットボトルなどといった日常生活に密着したものから、 半導体・FPD(液晶、プラズマ、有機EL)・光ディスクなどの電気・電子製品の中心となっているもの、 また、放射光・核融合・宇宙開発などに代表される先端の科学技術分野まで、活用分野は大幅に拡大しています。

大阪真空は真空技術の国産化を目的に1950年に設立しました。
以降、科学技術の進歩とお客様のニーズを取り入れた真空システムを世の中に提供することを通じて、社会への貢献を果たそうと考えてきました。
大阪真空は、これからも、変化し続ける産業構造や研究開発に必要な真空技術を開発、提供し続けることで、 より豊かな未来の創造を支えていきたいと考えています。

大阪真空のポリシー
大阪真空は4つの目標
カスタマイズ化
高 度 安 全 対 応
未 来 志 向
カスタマーサポート体制
を掲げ、
4つの基礎技術
回 転 体
流  体
超 高 真 空
制  御
を基に
2つのサービス
信頼性の高い製品
カスタマーサポート
を提供します

お客様に「安心して満足して信頼の高い長期間使用可能な製品」をお届けすることをモットーに、日夜努力しています。

ページトップへ戻る
お客様に満足していただける為に
最高の技術を届ける

大阪真空の製品はパソコン、スマートフォン、液晶TV、カメラなどデジタル製品をはじめ、自動車部品、合繊、鉄鋼、重電、建設資材、食品、 医薬品に至るまで様々な分野で広く活用されています。

納入先とユーザーの関係
ページトップへ戻る
大阪真空の各事業と製品
ページトップへ戻る